顧問弁護士を依頼するには

投稿者: | 2016-11-18

そんな安心感がある顧問弁護士を依頼する際には、いくつか流れがありますが、主にこのような方法で顧問弁護士を雇っている方が多いようです。

まず最も多いのが、今まで頼りにしていた弁護士を引き抜きなどして、顧問弁護士として雇い入れる方法です。こちらの場合はフリーの弁護士を雇いあげたり、法律事務所で働いていた弁護士に声をかけて雇いあげたりする方法が挙げられます。こちらの場合で顧問弁護士を雇う方が多く、気兼ねなくいろいろと聞ける点も、人気の理由として知られています。

次に多いのが、顧問弁護士の求人を出して、面接をする方法です。全くの初対面の方を顧問弁護士として雇い入れる方法ですが、入社後から信頼関係を作っていけば良いと考えている企業主も多く、そうした方に、こちらの方法が人気があると言えるでしょう。求人を出すことで、色々な弁護士さんと話をする機会があるということも、企業主さんにとっては人気の理由だとして知られています。

また、法律事務所による顧問弁護士サービスなどもあります。こちらは年額の費用と相談が発生した際の相談料を支払うことで、顧問弁護士と契約を結べるようになっています。

外部サイト「弁護士と顧問契約が結べる アディーレプラス

このように、顧問弁護士を雇う際にもいくつかの方法がありますので、企業主の方で顧問弁護士をお探しの方は、こうした方法で好きな方法を選んで、安心感のある顧問弁護士を探してみてはいかがでしょうか?